さわやかウォーキング:カロリー相殺!刈谷スウィーツウォーキング

さわやかウォーキング:カロリー相殺!刈谷スウィーツウォーキング コース 刈谷駅〜フローラルガーデンよさみ フローラルガーデンよさみ(依佐美送信所跡) フローラルガーデンよさみ〜刈谷駅 画像は枚数が多いですのでかなり画質を落としています。クリック…

ウスビ・サコ著『サコ学長、日本を語る』感想・レビュー・書評・ネタバレ

ウスビ・サコさんの名前を何で知ったのかははっきりとは記憶していませんが、多分大学の学長になられたことをネットで見たんだと思います。2018年の4月から京都精華大学の学長を務めてみえます。 そのサコさんが日本での生活や日本の価値観に感じることを書…

柴崎友香著『きょうのできごと』感想・レビュー・書評・ネタバレ

『きょうのできごと、十年後』を読み、面白かったのでデビュー作『きょうのできごと』も読んでみました。 デビュー作とは思えないほど軽やかで余裕があります。余裕ってのも変ですね、気負いがないという方があたっているかもしれません。 きょうのできごと:…

さわやかウォーキング:緑道でハニワ達がお出迎え春日井ウォーキング

さわやかウォーキング:緑道でハニワ達がお出迎え春日井ウォーキング コース 春日井駅〜落合公園 落合公園〜下原古窯跡群〜落合公園 落合公園〜神領駅 画像は枚数が多いですのでかなり画質を落としています。クリックしますとオリジナル画像を表示しますが、…

青木理著『破壊者たちへ』感想・レビュー・書評・ネタバレ

青木理さんの著書は『日本会議の正体』『安倍三代』、そして『時代の抵抗者たち』と読んできています。批判することや異議を唱えることが嫌われるこの時代にあって、テレビのコメンテーターとしても常に権力を監視することこそがジャーナリストの役目である…

柴崎友香著『きょうのできごと、十年後』感想・レビュー・書評・ネタバレ

昨年末、一日中ただ本を読むくらいしかやることがない(できない)一日を過ごさざるを得なくなり、図書館で2冊借りてその日のうちに読んだものの1冊です。日常の会話文が多い小説ですのであっという間に読めてしまいます。 きょうのできごと、十年後 (河出文…

パトリック・ネス著『混沌の叫び/心のナイフ』感想・レビュー・書評・ネタバレ

ダグ・リーマン監督の「カオス・ウォーキング」をみて結構面白かったので原作を読んでみました。ただ、原作はこの『心のナイフ』から『問う者、答える者』『人という怪物』と続く三部作とのことですので、読んだといっても第一部だけです。 心のナイフ 上 混…

さわやかウォーキング:ひかり輝く三河湾を満喫しよう!

さわやかウォーキング:「蒲郡高校生のおすすめウォーキングコース」ひかり輝く三河湾を満喫しよう! コース 三河大塚駅〜ラグーナ ラグーナ〜竹島 竹島〜蒲郡駅 画像は枚数が多いですのでかなり画質を落としています。クリックしますとオリジナル画像を表示…

さわやかウォーキング:醸造文化(味噌・醤油・酒)が残る四日市を丸ごと体験ウォーク

さわやかウォーキング:醸造文化(味噌・醤油・酒)が残る四日市を丸ごと体験ウォーク コース 南四日市駅〜日永追分〜伊勢蔵 伊勢蔵〜神楽酒造 神楽酒造〜ゴール 画像は枚数が多いですのでかなり画質を落としています。クリックしますとオリジナル画像を表示…

笛美著『ぜんぶ運命だったんかい』感想・レビュー・書評・ネタバレ

「#検察庁法改正に抗議します」のハッシュタグを最初に発信した「笛美」さんの…と書いてキーボードを打つ指が止まってしまいました。この本は、なんて表現すればいいんでしょう? もちろん小説ではありませんし、んー、著作ですかね。 と、出版元の「亜紀書…