平野啓一郎著『ある男』 城戸は偽善者との読後感になってしまった…