さわやかウォーキング:織部の里公園散策と窯元の町並みを巡る



 

画像は枚数が多いですのでかなり画質を落としています。クリックしますとオリジナル画像を表示しますが、かなり容量がありますのでご注意ください。

 

コース

もう何度歩いたかもわからない土岐、約8.2kmのコースです。

 

 

土岐駅〜織部の里公園

すごい人です! 5月の連休の中日、最高気温も20度くらいの予想、雲ひとつない青空、ウォーキング日和です。
土岐到着は10時10分くらい、名古屋駅から中央線の快速で45分くらいです。

 

15分ほどで「織部の里公園」です。見慣れた風景です。

 

花菖蒲はまだですね。今月末くらいでしょうか。

 

青もみじがきれいです。

 

「美濃窯最古の連房式登窯である元屋敷窯(公式サイト)」が見えます。白くこんもりした木はナンジャモンジャです。

 

登り窯を上から見たところです。保存のためにすべて囲われています。

 

ヒトツバタゴ、別名ナンジャモンジャです。

 

清安寺、白山神社

織部の里公園からすぐの「清安寺」

 

国指定史跡「乙塚古墳附段尻巻古墳」石室も見られますが、単なる空洞ですし、以前見ていますのでパスです(ペコリ)。

 

仲森池、ため池ですね。農業用水だったんでしょうか。釣りをしている人がいました。バス釣りみたいです。

 

ナンジャモンジャ越しの白山神社

 

定林寺まつり〜土岐駅

「定林寺まつり窯元めぐり」をやっています(やってる?)。以前はもっと賑わっていたと思いますがどうしたんでしょう? 窯元もあまり開いていませんでした。

 

土岐川を渡ります。

 

再び渡って、右に見える建物は「セラトピア土岐」

トイレを借りようと寄りましたが、中も暗くて営業していなかったんでしょうか。

 

土岐駅が見えてきました。

 

土岐駅、ゴールです。

1時15分くらい、途中昼ゴハンを食べていますので、2時間半くらいでしょうか。