愛岐トンネル群2020年秋の特別公開

旧国鉄中央線の愛岐トンネル群が11月28日から12月6日まで特別公開されています。

 

 

愛岐トンネル群は、1966(昭和41)年に旧国鉄中央線の高蔵寺駅から多治見駅間が新線に移ったために廃線となった路線にあったトンネル群で、現在は下の配置図のように定光寺駅から古虎渓駅間の3号から6号が保存再生され、年に2回一般公開されています。詳しくは上のサイトをご覧ください。

 

写真(画像)をタップ(クリック)すると高解像度の写真をポップアップ表示します。拡大はピンチアウトしてください。ファイル容量が大きくなりますので通信量にはご注意ください。

 

f:id:ausnichts:20201129152931j:plain

 

今日11月29日行ってきました。

 

 

定光寺駅

f:id:ausnichts:20201129151624j:plain

名古屋から約30分、9時40分定光寺駅到着です。

すごい人です。ただ、ここはホームが狭くひとりずつしか歩けないところですので混雑してみえますが電車はごく普通でした。

 

f:id:ausnichts:20201129151641j:plain

10分ほど庄内川沿いに歩きますとトンネル群の入口となっており、一段高いところまで階段を上ります。以前は手前のかなり急な階段(閉鎖中)でしたが新しくやや緩やかな階段になっています。

 

3号トンネル 

f:id:ausnichts:20201129151654j:plain

入場料100円を払い進みますとすぐに3号トンネル76mです。SLの幕が下りています。実物大だそうです。

 

f:id:ausnichts:20201129151709j:plain

ライトアップされています。ただしこの3号だけでした。

 

f:id:ausnichts:20201129151722j:plain

レンガ積みですね。しっかりしたトンネルです。

f:id:ausnichts:20201129151736j:plain

出口です。ライトを持ってくるべきでした。

 

f:id:ausnichts:20201129151803j:plain

3号トンネルを抜けました。庄内川です。川向うの山の上に定光寺があります。

 

f:id:ausnichts:20201129151815j:plain

掲示板の両側の支柱にレールが再利用されています。

 

f:id:ausnichts:20201129151828j:plain

f:id:ausnichts:20201129151848j:plain

釘や碍子が展示されています。

 

f:id:ausnichts:20201129151903j:plain

f:id:ausnichts:20201129151919j:plain

竹林もありますし、紅葉もいい感じに色づいています。

 

4号トンネル 

f:id:ausnichts:20201129151935j:plain

4号トンネル、75mです。

 

f:id:ausnichts:20201129151950j:plain

4号トンネルを入ってすぐ、振り返ったところです。

 

f:id:ausnichts:20201129152004j:plain

結構明るいのはカメラの自動露出のせいです。

 

f:id:ausnichts:20201129152019j:plain

バラストがそのまま残っているのでしょう。

 

f:id:ausnichts:20201129152034j:plain

次の5号トンネルまでは5、600mあるようです。しばし紅葉など晩秋の風景を楽しみます。

 

f:id:ausnichts:20201129152049j:plain

f:id:ausnichts:20201129152104j:plain

f:id:ausnichts:20201129152118j:plain

f:id:ausnichts:20201129152129j:plain

f:id:ausnichts:20201129152145j:plain

f:id:ausnichts:20201129152201j:plain

f:id:ausnichts:20201129152217j:plain

f:id:ausnichts:20201129152232j:plain

f:id:ausnichts:20201129152246j:plain

f:id:ausnichts:20201129152301j:plain

休憩所があり、弁当や飲み物などの販売もやっています。

 

5号トンネル 

f:id:ausnichts:20201129152318j:plain

5号トンネル、99mです。

 

f:id:ausnichts:20201129152333j:plain

実際は真っ暗です。

 

f:id:ausnichts:20201129152347j:plain

動輪、大きいですね。自転車をこぐと回るようになっています。動輪の向こうに自転車をこいでいる子どもがみえます。

 

6号トンネル 

f:id:ausnichts:20201129152403j:plain

6号トンネル、333m、ここは長いです。

 

f:id:ausnichts:20201129152422j:plain

トンネルがリング状になっています。地中の部分をインバートと言うそうです。

 

f:id:ausnichts:20201129152436j:plain

これがインバート、見られるように1.5mほど掘ってあります。

 

f:id:ausnichts:20201129152450j:plain

このトンネルはくの字に曲がっていますので出口がみえません。真っ暗です。

 

f:id:ausnichts:20201129152506j:plain

やっと出口です。真っ暗な上に足元がバラストであったり濡れていたりしますので次に来る時はライトが必須です。

 

f:id:ausnichts:20201129152520j:plain

出口を振り返ったところです。

 

f:id:ausnichts:20201129152538j:plain

6号トンネルを抜けたところで行き止まりです。愛知県と岐阜県の県境です。この先にも7号、8号が眠っているそうです。第二次再生活動として古虎渓駅まで行けるように活動を続けたいと書かれています。

 

モミジ山、ピクニック河原 

f:id:ausnichts:20201129170824j:plain

帰りはいったん6号トンネルを戻り、トンネルの上の山、モミジ山に上り、下りピクニック河原に行ってみます。

 

f:id:ausnichts:20201129152554j:plain

f:id:ausnichts:20201129152609j:plain

f:id:ausnichts:20201129152624j:plain

かなり急です。

 

f:id:ausnichts:20201129152640j:plain

たしかにモミジ山です。

 

f:id:ausnichts:20201129152700j:plain

f:id:ausnichts:20201129152714j:plain

ピクニック河原、ゆっくり座れるところはあまり多くありません。

 

玉野古道 

f:id:ausnichts:20201129152733j:plain

f:id:ausnichts:20201129152748j:plain帰りは玉野古道を歩きます。

玉野古道
多治見から名古屋への街道として明治28年(1895)に開通、しかし翌年の29年、中央線工事のため寸断され、たった1年だけの幻の街道になりました。

 

f:id:ausnichts:20201129152803j:plain

途中に暗渠があります。中に入れます。

 

f:id:ausnichts:20201129152818j:plain

古道という感じがします。
 

f:id:ausnichts:20201129152832j:plain

f:id:ausnichts:20201129152848j:plain

玉野堰堤と玉野発電所への導水路(上)、発電所はどこにあるのかと見渡してもありません。GoogleMapで見てみましたら1.6km下ったところに玉野発電所とありました。

 

ここから定光寺駅はすぐそこです。

ちょうど2時間くらいでした。直線距離は往復3.5kmくらいなんでしょうが山に登ったり河原に出たりですのでかなり歩いていると思います。

 

ということで、2020年ももうすぐ12月です。

 

秋葉古道と愛岐地方の旧河道

秋葉古道と愛岐地方の旧河道

  • 作者:中根 洋治
  • メディア: 大型本